So-net無料ブログ作成

NOVAの次はジオス、引き継ぎは? [ニュース]

英会話教室で大手のジオスが4月21日、破産手続きを開始した。20日に東京地裁から財産の保全管理命令などを受け、保全管理人が発表した負債総額は、3月末で約75億円もあるそうだ。

すでに21日から全校で臨時休校している。236校は、平成19年10月に経営破綻したNOVAの事業を引き継いだジー・コミュニケーションが23日から授業再開予定。残りの99校は閉鎖し、近隣の継続校への転校などを斡旋するようだが。3万8600人ほどの受講生がいるようだ。

               英語の先生(カラー)

英会話学校の競争が激化し、NOVAの経営破綻でこの業界の信用が低下、要するに高額な前払い式の授業料が戻らなかったり等による。世界的な不景気で国内外の事業も低迷し、海外留学する子供も激減、企業が語学への費用を削減し、語学を勉強する日本人も激減し、経営が悪化したと推測される。

海外(米国、カナダ、フランス、タイ)にも拠点を持ち、国内事業の低迷を支えてきたが、昨年12月に、オーストラリアの子会社が資金不足などで政府からビザ発給停止を受け、今年の2月に現地8法人を閉鎖せざるをえなくなった。

ジオスの楠恒男社長は、申請は「一部取締役と従業員によるもので、取締役会の総意ではない」とするコメントを発表し、再建策について経営陣の間で意見がまとまらず、社長は反対していたが、取締役会の決議を経ないまま、破産申請が行われたようだ。不思議!

NOVAのときもそうだったが、講師も大勢いて給料がもらえなくて困っていたようだが、今回も閉校するところもあるのでその恐れはあるだろう。

聞き流すだけで英語が話せるようになる「エブリデイイングリッシュ」

空調機器(精密空調 PAP)    温調機器  ジェットヒーター真空機器(真空ポンプ、ドライポンプ) 冷凍機器(チラー、除湿機) 空圧機器(省エネ機器)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:資格・学び

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。