So-net無料ブログ作成
検索選択

セロトニン 生活リズム うつ病対策 [健康]

  人気ブログランキングへ

セロトニンは朝から陽[晴れ]を浴びることにより、活発に分泌され(太陽光が目に入ると網膜が刺激され、神経を介してセロトニンが分泌される)心身に大きな影響を及ぼし、生活のリズムを安定化させますが、起きているべき時間に光を浴びず、寝るべき時間強いに光を浴びると、セロトニンの働きで生活のリズムが狂い、[ふらふら]心身の両方もしくはどちらかに悪い影響を及ぼし、いろんな病気になります。

以前のブログで紹介したメラトニンは、このセロトニンからできています。詳細はこちらで。

交感神経・副交感神経の増減&メラトニンの分泌&成長ホルモン分泌

セロトニン(果物や野菜などの植物、特にキノコ類に多く含まれる)は肉類に含まれるトリプトファンとビタミンB6の摂取が必要。セロトニンが不足すると深い睡眠がとれなかったり、日中の活動が逆に寝ているような状態に近かったりと心身のバランスに大きな影響を及ぼします。

朝陽の光を浴びること、冬場の天気の悪い季節はできるだけ明るい光を浴びる。食事は規則正しく栄養をとること。夜はパソコンテレビ[TV]、街中の明るいネオンなどで刺激を受けないようにして、早く寝ること。

なおうつ病の人は抗うつ薬によりセロトニンの分泌を促すが、それ以外にセロトニンを摂取する方法がいろいろあるらしいが、多く取り過ぎると副作用があるので注意。なお肥満にも影響があるようだ。

セロトニンは朝から陽を浴びることにより、活発に分泌され(太陽光が目に入ると網膜が刺激され、神経を介してセロトニンが分泌される)心身に大きな影響を及ぼし、生活のリズムを安定化させますが、起きているべき時間に光を浴びず、寝るべき時間強いに光を浴びると、セロトニンの働きで生活のリズムが狂い、心身の両方もしくはどちらかに悪い影響を及ぼし、いろんな病気になります。

以前のブログで紹介したメラトニンは、このセロトニンからできています。詳細はこちらで。

交感神経・副交感神経の増減&メラトニンの分泌&成長ホルモン分泌

           

    

空調機器(精密空調)       温調機器   ジェットヒーター


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。